いつでもチェックできるネイリスト求人で良い転職先を探す

自分を映す鏡と考える

ペンと書類

計画的に作成する

職務経歴書は、企業の採用担当者に自分をアピールするために使います。提出を求められるから作る書類なのではなく、自分を企業に売り込む大きなチャンスです。多くの人は働きながら転職活動をしますが、職務経歴書には、履歴書のようなフォーマットがありません。簡単に作ることができないので、時間をかけて計画的に作成していきます。履歴書のついでに提出するものではなく、履歴書よりも職務経歴書の方がずっと重視されるので、書き方やフォーマットを緻密に考える時間が必要です。受けたい会社が決まる前に、職務経歴書は事前に準備をしておきます。あわてて作ると、フォーマットが雑になるので、きちんと自己分析をしてから職務経歴書を作成します。

性格も伝わる書類

必ずと言っていいほど、職務経歴書の提出が求められるようになったのは、この用紙によって応募者の仕事の能力だけではなく、人となりも全て分かるからです。そのため、職務経歴書は、社会人としての自分を映す鏡のような存在だと考えて作成します。どんな会社で働いてきて、どんな資格があるかは履歴書を見れば分かります。しかしそれにプラスして職務経歴書を見ることによって、さらに深い人物像が分かるので、採用担当者は職務経歴書を重視します。能力が高く、即戦力になる人材を求めますが、やはり人格も採用には関係してきます。見やすいフォーマットで、相手に伝わりやすい文書作りを心がけると、思いやりがあり、仕事も丁寧な人間だと伝えることができます。